こども環境教室「再生可能エネルギー見学バスツアー」を開催しました!

2015年8月24日
 
本市では、環境に対する意識を高めていただくことを目的として、こどもを対象にした環境教室を開催しています。
 

こども環境教室「再生可能エネルギー見学バスツアー」を開催しました!

小学4年生から6年生の親子向けに、「再生可能エネルギー見学バスツアー」を開催しました。
天気にも恵まれ、青空のもと、使い終わった食用油から作った燃料(BDF燃料)で走るバスに乗って、
さまざまな再生可能エネルギー施設を見学しました。
bdfbus.jpg
 

見学コース

 

  コース1 コース2 
  市内の発電所ぐるっとコース BDFについても学んじゃおうコース
参加人数

22名

15名

日 時

8月5日(水)

9:30~15:30

8月7日(金)

9:30~15:30

見学場所

・木質バイオマス発電((株)グリーン発電会津)  

・風力発電(会津若松ウィンドファーム) 

・太陽光発電(三立道路(株) 大野原発電所)

・水力発電(東山ダム)

 ・BDF製造所(共働作業所ピーターパン)    

 ・太陽光発電(富士グリーンパワー(株))

 ・風力発電(会津若松ウィンドファーム)

 ・水力発電(猪苗代第一発電所)

 

内容

  • 出発する前に、再生可能エネルギーなどについて勉強しました。

    会津若松市環境PR大使いいもりん.PNG

出発する前に、スライドを見ながら、地球温暖化や省エネルギー、再生可能エネルギーについて勉強しました。
 
参加した皆さんの通っている小学校でも、
牛乳パックをきれいに洗って回収したり、ポスターをはって節電や節水を呼びかけたり、
環境にやさしい取り組みをしているかチェックシートで確認したりと、省エネルギーの取り組みをしています。

 

 

  • いよいよ、BDFバスに乗って出発です!
いいもりんの缶バッチと一緒に、BDFバスに乗って出発です!
再生可能エネルギー施設では、担当者の方が丁寧に説明してくださいました。
また、普段入ることのできない施設へも案内してくださり、参加したみなさんも積極的に質問されていました。
 
       平成27年度エコ・パワー様       平成27年度東山ダム発電所様
 
 
    
 
  • フォトギャラリー
 
平成27年度グリーン発電会津様  平成27年度共働作業所ピーターパン様  平成27年度大野原太陽光発電所様
 
平成27年度猪苗代第一発電所様2  平成27年度エコ・パワー様2  平成27年度猪苗代第一発電所様
 
  • 主催  会津若松市
  • 共催  会津若松市産業資産利活用推進協議会
  • 協力(敬称略、順不同) 

㈱グリーン発電会津、三立道路㈱、 共働作業所ピーターパン、富士グリーンパワー㈱、  エコ・パワー㈱、福島県会津若松建設事務所、東京電力㈱

 

 
 

こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」を開催しました!

 

 使いおわった食用油が燃料になることを学んだり、自分だけのエコろうそくを作ったりしました。

 

  • 日 時 : 平成27年5月30日(土) 午前10時~正午 
  • 場 所 :生涯学習総合センター【會津稽古堂】 クッキングスタジオ
  • 参加人数:22名

内 容

 
  • 1、学ぼう! 『使い終わった油はどうなるの?』 

  廃棄物対策課の職員より、紙芝居をつかってバイオディーゼル燃料について学びました。

  20150530エコろうそく作りの写真です1.JPG 20150530エコろうそく作りの写真です2.JPG

 

  • 2、作ろう! 『エコろうそくを作ってみよう!』 

 使いおわった食用油を使って、実際に自分たちだけのろうそくを作ってみました。

 20150530エコろうそく作りの写真です3.JPG 20150530エコろうそく作りの写真です4.JPG

 

  • 3、見てみよう!『使いおわった油で走るトラック』

 使いおわった食用油(BDF燃料)を使用したトラックを見学しました。排気ガスのにおいをかいでみると揚げ物のにおいがしました。

20150530エコろうそく作りの写真です5.JPG 20150530エコろうそく作りの写真です6.JPG


 

環境教室で「紙すき体験」を行いました

 「西七日町児童館」で、小学1年生から3年生向けに「地球温暖化防止」の講座と「紙すき体験」を行いました。
  • 日時:平成27年1月7日 午前中
  • 参加者:29名(西七日こどもクラブに通う、日新小学校1年生から3年生)
  • 内容
  • 地球温暖化の話
  • 地球温暖化を防ぐためにできること
  • 紙すき(リサイクル)体験
 
  • 最初にスライドを見ながら講座を聞きました。「二酸化炭素」などの言葉はちょっと難しかったようです。

    西七日講座.JPG

  • 環境生活課にあったシュレッダーのごみに水を混ぜ、ちぎった折り紙などを飾りにして、はがきを作りました。学校や家庭で集めている古紙は、ちゃんと紙に生まれ変わることを実感できたようです。

    紙すき1.JPG     紙すき2.JPG

 

平成26年度 第2回こども環境教室「再生可能エネルギー見学バスツアー」を開催しました

 市内の小学3年から6年生の親子向けに、2回のバスツアーを開催しました。
 「再生可能エネルギーって何だろう?」「電気ってどうやってできるのかな?」
 使い終わった食用油から作った「BDF」という燃料で走るバスに乗って、様々な再生可能エネルギー施設を見学してきました。
再生可能エネルギー見学ツアーチラシ201407.pdf(643KB)

見学コース

  • コース1:こんなにあるの?!発電所!コース 
  • 日時 平成26年8月6日(水) 9:30から14:45まで
  • 参加者 17名
  • 見学場所
  • 木質バイオマス発電所(株式会社グリーン発電会津)
  • 太陽光発電所(大野原太陽光発電所)
  • 風力発電所(会津若松ウィンド・ファーム工事現場)
  • 小水力発電所(東山ダム発電所)

  • コース2:「地熱」「BDF」って何だろう?コース
  • 日時 平成26年8月8日(金) 9:30から16:00まで
  • 参加者 20名
  • 見学場所
  • BDF製造所(共働作業所ピーターパン)
  • 地熱発電所(柳津西山地熱発電所)
  • 水力発電所(片門発電所)
 

内容

  • 最初に、地球温暖化や再生可能エネルギーについて勉強しました。

   市環境PRキャラクターの「いいもりん」と一緒に、「地球温暖化とエネルギー」について勉強しました。

   「再生可能エネルギーの導入」と「省エネルギー」のどちらも大切だということも学びました。事前学習

   家庭や学校ですぐに取り組めるのは「省エネルギー」ですね。

   みなさん、じっくり耳を傾けてくださいました。

 

 

 

 

 

 

  • 次に、BDFバスに乗って、施設の見学に行きました。

   再生可能エネルギー施設の担当者の方から説明をいただきながら、見学をしました。

   普段入れない施設の中まで見学できて、大人も子どもも楽しめたようです。東山ダム発電所様

   会津管内、会津若松市内には、たくさんの再生可能エネルギー施設があります。

   あなたも身近にある施設を探してみませんか?

 

   

 

 

 

 

 

 

  • フォトギャラリー

 

 エコパワー様  地熱発電所PR館様 片門発電所様

 

 東山ダム発電所様2  大野原太陽光発電所様

 

平成26年度 こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」を開催しました!

 平成26年5月31日(土)午前10時から、北会津公民館において、市内在住の小学生とその保護者の方29名の参加により開催しました。

 

内 容

 
1、学ぼう!『使い終わった油はどうなるの?』
  廃棄物対策課の職員より食用油で作った燃料(BDF)の説明やBDFで走るトラックの見学を行いました。
  BDFを使ったトラックの排気ガスをみんなで嗅いでみると、おいしそうな揚げ物のにおいがしました。
 DSCN4659_R.JPG  
 
 
2、作ろう!『エコろうそくを作ってみよう!』 
   使用済みの天ぷら油から実際にろうそくを作りました。素敵な作品ができました!
  DSCN4671_R.JPG DSCN4675_R.JPG IMG_0324_R.jpg    
 
 

過去の開催経過
 

 これまでに開催した「こども環境教室」について、その一例をご紹介します。

 

平成25年度第1回こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」

 平成25年6月1日(土)午後1時30分から、北会津公民館において、市内在住の小学生とその保護者の方24名の参加DSC_0319_R.JPG(平成25年第1回こども環境教室の写真)

により開催しました。

 はじめに、「使い終わった油はどうなるの?」をテーマに、使用済み食用油の再利用方法を学んだ後、バイオディーゼル

燃料(BDF)を使用して走るトラックを見学しました。

 その後、使用済みの食用油を使って、色とりどりの「エコろうそく」を作成しました。                          

 
 
 
 

平成24年度第2回こども環境教室「ペットボトル風車をつくろう!」

 平成24年8月3日(金)本町祭礼において、小学生30名の参加により開催しました。平成24年度第2回こども環境教室の写真

 飲み終わったペットボトルを使って「ペットボトル風車」を作成し、風車が回ることで発電ができることを体験しました。

 

 

 

 

 

 

 

平成24年度第1回こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」

 平成24年6月2日(土)午後1時30分から、北会津公民館において、市内在住の小学生とその保護者の方32名の

参加により開催しました。平成24年度第1回こども環境教室の写真

 使用済みの天ぷら油を使って「エコろうそく」を作成したあと、使用済みの天ぷらからできたバイオディーゼル燃料(BDF)を使って、発電機のエンジンを動かし、電気が作られることを体験しました。

 
 
 
 


 

平成23年度第2回こども環境教室「新エネ・バスツアー」

こども環境教室111002
 平成23年10月2日(日)午後1時から、北会津支所「ピカリンホール」において、市内在住の小学生とその保護者の方13名の参加により開催しました。
 バスに乗って太陽光発電設備や生ごみたい肥化施設の見学を行い、その後、ピカリンホールに戻って風力発電や振動発電などさまざまな新エネルギーの体験を行いました。

(右の写真は、新エネルギーの体験コーナーの状況です。)

平成23年度第1回こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」

こども環境教室(110605)
 平成23年6月5日(日)午後1時から、生涯学習総合センター「クッキングスタジオ」において、市内在住の小学生とその保護者の方38名の参加により開催しました。
 環境生活課が独自に作成した地球温暖化防止啓発用紙芝居『しろたんをたすけよう!』の朗読を行い、その後、使用済みの天ぷら油を使って「エコろうそく」を作成しました。




 

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 環境生活課 環境グループ
  • 電話:0242-39-1221
  • FAX:0242-39-1420
  • メール送信フォームへのリンクメール