市民環境教室「再生可能エネルギー見学バスツアー」を開催しました!

2017年9月14日
 

市民環境教室「再生可能エネルギー見学バスツアー」を開催しました!

 

地熱発電所     柳津西山地熱発電所(蒸気生産設備)

 

 

 市内や近郊にたくさんある、再生可能エネルギー関連施設を見学しました。

 国(地元)産の地球にやさしいエネルギーである再生可能エネルギーと施設について、見学を受け入れてくださった事業者の方々から丁寧にわかりやすく説明いただき、環境問題やエネルギー問題についても学ぶことができました。

  小学生の皆さんも、夏休みの自由研究に役立てていたようです。

 

【1回目】 平成29年8月3日(木) 参加者26名

 見学場所

  BDF製造所(共働作業所ピーターパン)

  水力発電所(柳津発電所 東北電力株式会社)

  地熱発電所(柳津西山地熱発電所 東北電力株式会社、奥会津地熱株式会社)

 

2回目】 平成29年8月4日(金) 参加者20名

 見学場所

  木質バイオマス発電所(株式会社グリーン発電会津)

  太陽光発電所(会津若松太陽光発電所 三立道路株式会社)

  風力発電所(会津若松ウィンドファーム エコ・パワー株式会社)

  水力発電所(東山ダム 福島県)

 
過去の開催経過
 

 

 これまでに開催した「環境教室」をご紹介します。


平成29年度こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」

h29エコろうそく

 平成29年6月3日(土)午前10時から、北会津公民館において、市内在住の小学生とその保護者の方28名の参加により開催しました。

 はじめに、「使い終わった油はどうなるの?」をテーマに、廃棄物対策課の職員より、紙芝居をつかってバイオディーゼル燃料について学習しました。

 その後、使い終わった食用油に不用になったクレヨンを溶かして「ロウ」を作り、空きビンに入れて作りました。 色の層を斜めにしたり模様を付けたりして、お気に入りの「エコろうそく」ができあがりました。

 最後にBDFで走るトラックの見学を行いました。BDFを使ったトラックの排気ガスは、かすかに揚げ物のにおいがします。

 

 

 

 

平成28年度第2回こども環境教室「再生可能エネルギー見学バスツアー」

○○○の写真

 

 BDF(使い終わった食用油から作った燃料)で走るバスに乗って、再生可能エネルギーの関連施設の見学に行ってきました。見学を受け入れてくださった事業者の方々から普段は入れない場所にも案内いただき、とてもお得なツアーとなりました。
 参加者の皆さんは、いろいろな施設を間近で見学し、その大きさに驚きつつも、再生可能エネルギーの意義や仕組みについて学びました。
 
 【コース1】市内の発電所ぐるっとコース(平成28年8月4日(木)、参加者16名)
 見学場所
  木質バイオマス発電所(株式会社グリーン発電会津)
  太陽光発電所(会津若松太陽光発電所)
  風力発電所(会津若松ウィンドファーム)
  小水力発電所(東山ダム発電所)
 
 【コース2】BDFについても学んじゃおうコース(平成28年8月5日(金)、参加者10名)
 見学場所
  BDF製造所(共働作業所ピーターパン)
  太陽光発電所(富士グリーンパワー株式会社)
  風力発電所(会津若松ウィンドファーム)
  水力発電所(猪苗代第二発電所)

平成28年度第1回こども環境教室「エコろうそくをつくろう!」

環境教室(環境生活課その2)

 平成28年6月4日(土)午前10時から、北会津公民館において、市内在住の小学生とその保護者の方26名の参加により開催しました。

 はじめに、「使い終わった油はどうなるの?」をテーマに、廃棄物対策課の職員より、紙芝居をつかってバイオディーゼル燃料についての学習とBDFで走るトラックの見学を行いました。BDFを使ったトラックの排気ガスは、かすかに揚げ物のにおいがします。

 その後、使い終わった食用油に不用になったクレヨンを溶かして「ロウ」を作り、空きビンに入れて作りました。 色を層にしたり模様を付けたりして、自分だけの「エコろうそく」ができあがりました。

  

  

 

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 環境生活課 環境グループ
  • 電話:0242-39-1221
  • FAX:0242-39-1420
  • メール送信フォームへのリンクメール