斎場のページ

2016年11月18日
 
 
 
 

施設概要
所在地
会津若松市門田町大字黒岩字石高甲807番地
 
連絡先
電話:0242-27-5967
※利用申込は市役所市民課で受け付けます。
 
火葬炉数
普通炉 4基(棺サイズ:幅58cm以内×長さ200cm以内×高さ50cm以内です)
大型炉 2基(棺サイズ:幅66cm以内×長さ200cm以内×高さ50cm以内です)
汚物炉 1基
 
待合室
4室(1室12畳)

ご利用案内
申込先
会津若松市役所市民課【電話:0242-39-1230】へ電話で予約を入れてください。(24時間受付:開庁時間外は市役所本庁舎警備員が承ります)
※斎場では受け付けていません。
 
申込内容
担当職員が次の内容を確認します。
  • 利用日、利用時間
  • 故人の住所、氏名、生年月日
  • ペースメーカーの有無
  • 炉のサイズ(普通サイズか大型サイズか)
  • 届出人の方の住所、氏名、生年月日、連絡先、電話番号、故人との続柄

 

火葬炉の利用
1日の火葬炉の利用時間帯は次のとおりです。希望日の希望時間を選んでください。
  • 午前10時30分 2件
  • 午前11時30分 2件
  • 午後0時30分 2件
  • 午後1時30分 2件
  • 午後2時30分 2件
※ 斎場は友引と1月1日は休みです
※ 火葬は死亡時刻から24時間以上経過してからになります。
※ 大型炉は、午後0時30分は利用できません。

利用料金

  • 斎場使用料【故人の住所が会津若松市内の方】
  • 12歳以上 5,000円
  • 12歳未満 3,000円
  • 死産児 1,800円

 

  • 斎場使用料【故人の住所が会津若松市外の方】
  • 12歳以上 40,000円
  • 12歳未満 24,000円
  • 死産児 16,000円

 

棺及び骨箱等並びに搬送車の運行に関する補助制度

補助制度の概要

  斎場附帯業務(棺・骨箱の販売、霊柩車の運行等)については、平成28年9月30日をもって廃止されました。
  平成28年10月1日から、経済的に困っている方を対象として、 従前と同様のサービスを提供するため、棺及び骨箱等並びに搬送車の運行に関する補助金交付制度を創設しましたので、市に登録した指定業者に葬儀を依頼し、下記の補助申請の要件に該当する場合は、補助申請を市にしてください。
  交付決定を受けると、葬儀にかかる費用に対して最大で27,000円の補助を市から受けることができます。
  詳しくは、下記の案内をご覧ください。(登録している指定業者をご確認いただけます。)
 

申請様式

  
  • 指定業者登録の申請
 市の補助制度の趣旨にご賛同いただき、ご協力いただける葬祭業者の皆様に指定業者としてのご登録をお願いしております。
 申請様式は、下記のとおりです。なお、指定業者としての登録の要件については下記のとおりです。
 
  • 指定業者の要件
   (1) 葬祭業を営んでいること。
   (2) 補助を利用する市民に、棺及び骨箱等並びに搬送車の運行を37,000円以下で提供すること。
   (3) 一般貨物自動車運送事業の許可を受けていること。
      又は、搬送車の運行を一般貨物自動車運送事業の許可を受けている事業者に委託していること。
 
  • 補助金交付の申請
 補助制度を利用されたい方は、あらかじめ指定業者と協議の上、市に申請し、交付決定を受けることが必要になります。
 申請様式は、下記のとおりです。なお、補助申請の要件については下記のとおりです。
 
  • 補助申請の主な要件
   (1) 会津若松市斎場で火葬を行うこと。
   (2) 死亡者が死亡日に住民登録をしていたこと。
   (3) 補助申請者(斎場利用申請者)が死亡者の死亡時に住民登録をしていたこと。
   (4) 補助申請者(斎場利用申請者)の属する世帯の全世帯員の市町村民税が非課税であること。
   (5) 生活保護法に基づく葬祭扶助の適用を受けないこと。
   (6) 葬儀にあたり、有料の施設及び有料の祭壇を使用しないこと。

 

利用される皆様へのお願い
  • 職員へのお心づけは固くご辞退申し上げます。
  • 火葬許可証と斎場利用許可証は、必ず斎場職員へお渡しください。
  • 場内は禁煙とさせていただいています。指定された場所での喫煙にご協力ください。
  • 待合室にはポット、急須、茶碗を備え付けています。「茶葉」はありませんので各自ご用意ください。
  • 棺の中には、下表の物は絶対に入れないでください。
  • 爆発する危険があり、遺体に多大な影響が出るおそれのある物
  • 酒瓶、化粧品の瓶等
  • 缶詰等
  • ガスライター、スプレー等
  • 溶ける材質のため遺骨に付着してしまい、遺骨が非常に傷んでしまう物
  • メガネ等
  • 鏡、ガラス等
  • 釣竿等
  • 完全燃焼せずに遺骨が紛れ込んでしまい、収骨の際に支障をきたす物
  • 本・雑誌・千羽鶴などの紙類等
  • 真綿の布団等
  • もみがら・わら・そば殻等
  • 金属が燃焼されないため、遺体の火葬が正常に行われなくなる物
  • 金属のゴルフセット等

お問い合わせ

  • 会津若松市役所 市民課
  • 電話:0242-39-1230 ※利用申込は市民課で受け付けます。斎場では受け付けていません。

 

  • 会津若松市斎場
  • 電話:0242-27-5967